DELL CINEMAスペシャル企画 XPS体験モニターレポート

表題の通り、久々にデルアンバサダーとしてモニターレポートが回ってって来たので記事化!

今回はDELL CINEMAの体験がメインとなる。映像と音響にも力を入れているDellのXPSシリーズ。

今DELL CINEMAの体験をメインにお届けしつつ、NewXPS13のレポも含めてお届け。


今回の貸出期間は前回とは違い、12月20日~2月4日までの1か月間。

なお、到着時の内容物はこちら。

内容物は3つ。そのうち1個は見たことないものが…

USBの端子がねえなあ・・・・とは思っていたのでもしや・・・と

口を見た途端、お察しの変換器。


ギャー!!これ買い足さないと作業できない・・・・


XPS13を買われるかたは端子の増設用のやつを買い足すことをお勧めします。たぶん端子一個だと詰みます。現に詰んで大変苦労しました。


で、シネベンチの結果はこちら。


まあまあの性能でしたが、3DMARKのほうは結構カクカクで、実際にSAOFBのゲームをプレイしたところ、steamの条件は満たしていましたが、けっこうカクカクしていて操作は厳しかったです。

ですが、各自で最適設定を見つけ出せばうまく行けそうです。

で、私はイラストもやっているので

こんな感じで作業もしていました。ケーブル本数が少ないので楽ですが、取りまわして何とかしましたよ。


さて、ここからはXPS13を外へ持ち出して旅行へ!!

今回は横須賀旅行で移動時の動画視聴に使いました。


実はこの時、ユーフォの振り替え公演で、ちょうどいいのでYouTubeで宝島の演奏部分をDell

cinemaを使い試聴!

画質も4Kなのでもちろん細分まできれいに見れたほか、音の広がりも会場の音場を再現されており、素晴らしい!と感じました。この時使用したイヤホンはfinalE3000でした。

バッテリーですが、旅先でなら動画視聴とネットレベルであれば丸1日は余裕で行けますね!

実は外出先でSAOFBをプレイしたんですが、ゲームではフル充電でも5時間が限度ですね・・・・・( ̄▽ ̄;)


また、それ以外にも就活関係で宿泊日程で入った時にも持ち運びましたが、バックにも入って何より軽くてモバイル性は高いので、助かりました。

また、それ以外に年末にニコニコ生放送の放送を4Kで視聴しました。

ニコ生をDellcinema&4Kの組み合わせで視聴はなかなか面白かったですよ~!

高画質&いい音響で聞けるのもDellならでは。

映像は4Kで出力されてました。通信が悪いと若干画質落ちるのは致し方ないですが・・・・それでも

くっきり細かいとこまで見ることができました。。動画でも4K対応動画であればPC側で処理してくれるので、あとは通信環境だけですね。

あとは今放送中のバンドリセカンドシーズンをamebaTVで先行配信もされているので、そちらもXPS13で視聴。


カラー発色も細かく再現されており、思わず「おお~!」と声が出ました。

ちなみに演奏のワンシーン。

ギター部分の発色が若干違うんです。

上がXPS13で最高画質でスクリーンショットを撮影。

下がiPadで撮影。

ちょーっとだけですが、ギターの輝きが違いますよね。色の発色が細かいんです。これが4Kの差!!

動画視聴でも処理性能の差が出るんですね~


Dellcinemaで聞くと、ギターの生音・ドラムの重低音がライブの空気感までそのまま伝わってくるので、ものすごくお勧めです。


で、Dellといえはグラボが入っていることでおなじみですが、さすがに13だと厳しいかな。15の時はサクサク行けたのでそっちがおすすめかな。

こちらはSAOFBを使い実証しましたが熱が底面から出るので、キーボードの一部分がどうしても超熱くなります…

画面は4Kだとどうしても動作が追い付かないらしく、どうしようもならないくらいカクカクなので、設定で2Kに落としてやるといい感じになります。ですが仮想ウィンドウに処理が行くようなので、要注意ですね。


イラストを描く身としてはありがたい存在でした。

Wacomとの相性は最初はいがみ合いますが、設定とドライバーで調整が効くので、うまい具合に使えば作業環境はとてもいいです。

4K対応機器だったので細かい作業する分にはもってこいの機材です。ただ、USBの接続機器が少ないので増設機器を購入が必要です。


XPS13のレポートはこんなところです!


中村大地公式サイト

アイドルマスターやハイスクールフリートなどの最新情報やイベントレポート、私の身の回りの出来事を発信していきます!

0コメント

  • 1000 / 1000